ちゃらんぽらん主婦の奮闘記

現在2人目を妊娠中!食道アカラシア、PMS・PMDD、育児、妊娠など患った病気や、日常生活をのんびり書いています。

食べ物がつまる・・食道アカラシアの初期症状から悪化するまで

こんにちは、ちゃらんぽにゃです。

食道アカラシアという病気を発症して10年、私の場合はそんなに酷くはないようですが、それなりにつらい思いとしてきたなと感じています。

 

今回は、食道アカラシアってどんな症状に見舞われるのか、食道アカラシアの初期症状のサインは何なのか、書いていきます。

 

もう10年も前のことなので、よーく思い出しながら振り返ろうと思います。

 

そもそも食道アカラシアとは?

f:id:charanponya:20180808101726j:plain

食道アカラシアの「アカラシア」とは、ラテン語で「動かない」を意味します。

 

食道という消化器官は、食べ物や飲み物を蠕動運動により胃へと運びます。

食道と胃のつなぎ目は空腹時や通常時は閉じていますが、食べ物が喉を通ると、筋肉が緩んで胃の入り口が開き、胃へと流れていきます。

 

食道アカラシアは、この食道と胃のつなぎ目の筋肉(下部食道括約筋)が緩まず、閉じたままになり、食べ物が食道に停滞してしまいます。

また、食道の蠕動運動の低下も見られます。

 

食道アカラシアの症状

・げっぷ、胸やけ

・胸のつかえ、嘔吐

・食べ物のつかえ感、つまり感

・胸痛、背中痛

・夜寝ている間に嘔吐する

・体重減少

 

食道アカラシアの原因

詳しい原因はわかっていないようです。

食道の神経が障害されることにより起こるともいわれ、なかには遺伝の可能性も・・という説もあります。

 

 ちゃらんぽにゃの場合

私が最初に「あれ?」と思ったのは、げっぷが多くなったことです。

 

食事を食べ終わった後はもちろん、食事中にもげっぷが出る回数が増え、「炭酸飲料も飲んでいないのになんでだろう・・」と思っていました。

 

ですが、家族に「食べるときに一緒に空気も飲み込んでいるんじゃないの?」と言われ、「そうか!それだ(・∀・)!!」と確信して、そこまで深く考えませんでした。

 

次第に症状はひどくなる

軽く考えていたげっぷも次第に増え、食事の際にすんなり胃に落ちないような感覚が増えてきました。

 

食事は食べられていたのですが、つまる感じが毎度毎度ありまして、食事には時間がかかるようになりました。

 

またまた家族からは、「急いで食べるからつまるんだよ」と言われ、

「いやーそんなことないのに( ;∀;)」と疑問を持ち始めるようになりました。

 

ついには、食事がつまるだけではなく、通らなくなり、嘔吐することが多くなってきました

 

食べ物を一口食べては吐き、食べては吐きの繰り返しにまでなりました。

 

最初は毎度毎度吐くごとにトイレに駆け込んでいましたが、

吐く頻度が多くなり、「毎度毎度トイレまで行ってられるか('Д')!」と

食事の際はビニール袋をすぐ隣に用意して、食べたらすぐ吐いていました。

(汚くてゴメンナサイ・・。やっていたのは家にいるときだけですよ。)

 

症状がひどくなるまでの期間

症状が最初のげっぷから、ひどくなって毎度吐くようになるまで、

私の場合ですが半年もかからなかったと思います。

症状が悪化するまではあっという間でした。

その間、「自分のこの症状は何なんだろう・・」と病院へ行くのですが、なかなか食道アカラシアとわかるまでには時間がかかりました。

 

みるみる痩せていく・・

症状がひどくなると、食事がつまるのはもちろん、水やジュースなどの水分も通りにくくなり、食べられるものが少なくなって痩せていきました

 

最大で8~9㎏痩せてしまい、まわりからも見てわかるほど。

 

穿いていたジーンズがウエストはもちろん、ヒップラインや全体的にブカブカ。

水分も取れないので、顔色も悪く、脱水症状に何回もなり、病院で点滴を頻回に受けていました。

 

食道アカラシアにはいろいろな症状が

食道アカラシアで検索すると、多くの方が経験されたことを綴っていて、とても共感します。「わたしだけじゃないんだ」と安心することもありました。

 

珍しい病気なので、周りの認知度も低く、理解されるまで時間もかかり、その分不安やつらいことも多いです。

 

症状も人それぞれです。私が経験していない症状もあるかと思います。

もっとつらい思いをしている方もいるかと思います。

少しでも食道アカラシアという病気があるということだけでも、広まればいいなと思っています。

 

参加しています↓↓

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 食道・胃腸の病気へ
にほんブログ村