ちゃらんぽらん主婦の奮闘記

現在2人目を妊娠中!食道アカラシア、PMS・PMDD、育児、妊娠など患った病気や、日常生活をのんびり書いています。

妊婦さんとカフェイン!カフェインはなぜ控えるの?カフェインレスの飲み物で乗り切ろう!

こんにちは!ちゃらんぽにゃです。

 

 

妊娠中はカフェインは控えめに・・・と聞きますよね。

私も1人目の時から気をつけていて、今回も妊娠がわかったときは、コーヒー飲めなくなるぞー(・∀・)と気合を入れました(笑)

 

ですが、最近ではカフェインレスのコーヒーも多く見かけるようになり、妊娠中の方でもストレスなくコーヒーを楽しめるようになりましたよね!

 

4年前、1人目を妊娠していたときは、今よりカフェインレスや、デカフェなどなかったので、嬉しいです!

 

 

 

なぜカフェインを控えたほうが良いのか

 

 

f:id:charanponya:20180828181400j:plain

カフェインには、中枢神経を興奮させる作用があり、血管を収縮を促します。

 

妊娠中にカフェインを摂取すると、血管が収縮をすることでお腹が張り、流産や早産のリスクや胎児の発達に支障をきたしてしまいます。

 

 

カフェインが含まれる飲み物とは?

 

・コーヒー

・緑茶

・抹茶

・ほうじ茶

・紅茶

・ウーロン茶

・コーラ

・ココア

 

飲み物ではないですが、チョコレートも含みます。

 

いつからカフェインを控えたほうがいい?

カフェインは、妊娠初期から控えたほうが良いです。

上記でも書いたように血管が収縮してしまうので、お腹が張り、流産のリスクが高まってしまいます。

 

出産後も母乳で育てるなら、カフェインは控えよう

授乳中にママがカフェインを摂取すると、母乳からカフェインが出てしまいます。

 

赤ちゃんや子どもは、大人と比べてカフェインを排出するのに、時間がかかります。

 

 

カフェインを吸収した赤ちゃんはどうなる?

・夜泣きが多くなる

・夜寝なくなる

・情緒不安定になる

・興奮して落ち着かなくなる

 

こういう症状もでることもあるので注意が必要です。

 

カフェインの一日の摂取量は?

妊婦さんのカフェインの一日の摂取量は、特に定まっているわけではありません。

日本においては、上限が定まっていません。

 

各産院や、産婦人科の医師によっても基準は違いますが、

コーヒーなら一日1杯~2杯までなら大丈夫だそうです。

 

コーヒーを飲めないストレスをため込まない程度に、

過剰に摂取するのは禁物ですが、少量なら飲んでしまっても

胎児に直接影響があるわけではなさそうです。

 

 

まとめ

私自身、最近は食欲旺盛で、しかも甘い物が食べたくて食べたくて、

今日もチョコレートを少し食べてしまいましたヽ( ̄д ̄;)ノ

 

体重は増えていくし、次の健診で何か言われてしまうかもしれません。

ひゃー( ̄▽ ̄;)

 

 

今日はドトールで、カフェインレスのコーヒーを飲みました!

メニューにカフェインレスがあるので、何も気にせず飲めるのは嬉しいですよね!!

 

 

最近はペットボトルのお茶にもデカフェがあったり、

ティーバッグの紅茶にもノンカフェインがあるので、

コーヒーやお茶、紅茶も妊娠中でも飲めて ストレスフリーな生活ができますね~。

 

 

 

 

 

参加しています↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村