ちゃらんぽらん主婦の奮闘記

現在2人目を妊娠中!食道アカラシア、PMS・PMDD、育児、妊娠など患った病気や、日常生活をのんびり書いています。

4歳の息子、遠足に行く。お弁当が傷まないコツ!

 

こんにちは~(・∀・)ちゃらんぽにゃです。

 

 

今日は4歳の息子の、秋の遠足の日です。

 

 

秋の遠足といっても、車で40分の所にある大きい公園に行くのですが、

お弁当を持って、バスに乗って行くので子どもは大喜び。

今回は親は行かず、先生と子ども達だけです。

うちの息子も、何日も前から楽しみにしていました。

 

 

年に1回、親子遠足はあるのですが、

子ども達と先生だけでいくプチ遠足は初めてで、昨日の夜

「ママは遠足行かないの?」とずっと聞いていました。(笑)

 

 

 

「ちゃんと先生の言うこと聞くんだよ~」と私が言うと、

「迷子になったらどうしよう・・( ゚Д゚)」と

4歳にして迷子の心配をしていました。(笑)

 

 

「あっ!!バスのシートベルト、ひとりでできない(T_T)どうしよう・・」

と今度はシートベルトの心配をしたり、

あれ、こんなに心配性だったかな(・∀・)?と思うほど

心配ばかりしていました。

 

 

そんな心配性の息子くんも、今日の朝になったら

昨日心配してたことはすっかり忘れ、元気よく行きました。

 

 

 

遠足と言ったらお弁当がつきもの。

今日も朝はやく起きて、息子の好きなものを詰めたお弁当を作りました。

(写真撮り忘れました。)

 

ですがこの時期のお弁当は食中毒に注意したいです。

まだまだ暑い時期なので、入れるおかずなど十分注意しなくてはなりません。

 

お弁当・・食中毒予防のために傷まないコツ

f:id:charanponya:20180831154539j:plain

生ものは入れない。サラダや果物、レタスやプチトマトなんかも危険

食材はしっかり火を通す。

水気はきる。

・しっかり冷ましてからお弁当箱に詰める。

・保冷剤をつかう。

ちくわやかまぼこなどの練り物も危険

    加工食品は傷むのが早いです。

・マヨネーズやチーズも危険。

・炊き込みご飯も実は危険。

 ふりかけはOKですが、具入りのご飯は傷みやすい。

・味付けは濃い目に。塩には殺菌効果があります。梅干しもOK。

・抗菌シートをつかう。

・自然解凍OKな冷凍食品を入れる。

 

便利グッズを使う

保冷剤付きのお弁当箱もあります。

保冷剤が解けて、お弁当がビチョビチョになる心配がありません。

 

 

 フタ部分に保冷剤つき!カラーバリエーションも豊富で、家族それぞれひとつ持っていたいですね。

 

 

こちらの↓↓ランチボックスもフタに保冷剤が付いているので、一晩凍らせておくだけです。また、フタがへこんでいるので、ペットボトルをぴったり収納でき、保冷の役割もあり、飲み物が冷たいままです!!


あす楽 保冷ランチボックス 保冷弁当箱 お弁当箱【ジェルクール ペコ GEL-COOL PECO(凹)】 保冷剤付き 保冷剤一体型 TV番組「ヒルナンデス」「スマステーション」便利グッズで紹介されました♪ブラウン ホワイト ピンク レッド ブルー グリーン 新生活【RCP】
 

 

 

 

最後に・・

こんなにお弁当を傷めないように注意することがあるとは、知りませんでした。

お弁当を作るほうは大変ですが、喜んで持って行って楽しく帰ってきた息子を見ると、私も嬉しくなります(*^^*)

 

 

参加しています↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村